2008年05月18日

広瀬弘忠著『人はなぜ逃げおくれるのか』ー災害の心理学 集英社新書(再読)

saigai2.JPG
ミャンマーのサイクロン災害や中国・四川省大地震などの惨状をインターネットで見て、私の住んでる所は東海地震が心配で他人事とは思えない。
この本を買った時(4年前)よりも真剣に読みました。再読して新しい発見がありました。繰り返し読みたいと思います。
ラベル:広瀬弘忠
posted by アン at 00:04| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

4月に読んだ本--

kann.JPGhappy.JPGtatematu2.JPG
軽い鬱状態から抜けたいとき、私は本を読んで、飽きたら熱心にクロスステッチを刺します。
今回は書店に行かないで夫から借りました。立松和平さんの本は夫の知人からのプレゼントです。とても良い本だと思います。鬱の心に沁みました。「在日」は各章ごとに短い解説が付いているので、大学教授の姜さんから講義を受けているような気がしました。
posted by アン at 22:34| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする